最近のNEWSで思った事。

梅雨の季節です。毎日はっきりしないお天気ですね。

そんな中、紫陽花の花が咲き目を楽しませてくれてます。私は紫陽花の薄紫が大好きです。雨に濡れた様子も風情があっていいですよね。

ところで、先日、「助けて下さい」いじめ長期欠席小5男子の”SOS”大阪市教育委員会、対応先送り。

というニュースがあり非常に憤りを覚えた。その男子は平成25年以降、何回も教師に日記や手紙でSOSを発していた事が解った。日記は学校にも届けられていた。家族は昨年7月、「いじめの再防止」を求めて市教委に第三者委員会の設置を求めていたが1年近くも放置されていたという。

この例は「氷山の一角」でしかないのだろうと思う。教師、学校、教委は要するにいじめにあった子が自殺したりなど「重大事」にならないと動かないって事。何時も対応は後手後手。

何の為の教師?いじめはいじめられる側にも問題がある、とか弱いからいじめられるんだ!もっと強くなりなさい。なんて無茶苦茶でしょう?「いじめ」は絶対に許されない事。

この生徒は教師に何度もSOSを発していたわけで、学校に行きたいから、、助けて欲しい!と。なのに無視!こんな人格の人間が教育という場にいる事自体が問題であり、事なかれ主義の学校や教委ももう論外だと思います。大改革が必要でしょう!

それでなくさえ「少子化」の昨今、未来を担う子供達を健全に育成する事は最重要課題だと思います。教育に携わてる人間だけでなく、地域でも大人達がもっと協力すべき、昔は怖いけど親切な近所のおばちゃん、やおじさんがいじめっこに「だめだよ!」と言ってくれた。今は「逆きれ」されたらこわい??そんな存在が無くなりました。

寂しい世の中ですね。皆さんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です