ブログ|アトリエえのぐばこ

facebook
LINE
Instagram
ブログ

秋です!貴方も絵画に挑戦してみませんか?先ずは体験から!

今年はコロナで秋の訪れがとても早く感じられます。

6月に再開したアトリエはお蔭様で自宅で過ごす時間が皆様多くなったせいか?一般コース、それも20代~50代と広い年齢層の方のご入会が相次ぎ開校以来最多の33名!

殆ど最初は初心者の方ですので体験では「キューブの鉛筆デッサン」をして頂いてます。

デッサンは基礎の基礎ですからそこからスタートというのがやはり1番かと、、。

暫くデッサンをしてから水彩画や油絵等々に挑戦です。どれも1作目はアトリエの画材を使用、色々と体験して「これを続けたい!」となった場合は画材をご購入頂くというシステムです。(マイスケッチブックは全員購入)

何歳から始めても大丈夫、絵は体力も使わないので長く続けられる趣味になります。

自分で描けるようになると絵画展にも足を運ぶようになりますし、そこでの絵の見方も変わります。日常生活においても物の見方が変わってきます→「観察力」更にそれがレッスンを受けることで「表現力」が身につきます。で、、「感性」が磨かれる。

普段、見慣れた風景も何かしら感動したり、、。それって大事ですよね。

最近、親子コースも人気です。子供さんと時間を共有し同じ事をする。幼い頃しか中々出来ないことです。感動を共有するわけです。

という事で先ずは「無料体験」をお申込み下さい。

●一般コース・・・火曜日10:00~16:00(12:00~13:00は昼休み)は大人のみのクラス

※無料体験のお申込みは必要事項を漏れなくご記入下さい。

 

 

 

「2019年第20回記念アトリエえのぐばこ絵画展」

2020-07-01

「2019年第20回記念アトリエえのぐばこ絵画展」 2019年12月3日~8日(市民ギャラリー豊中にて開催)
毎年恒例の「アトリエえのぐばこ絵画展」は20回記念となり今までで最多の100名参加の大展覧会となりました。
3歳~80歳の生徒さん達の水彩、油彩、デッサン、デザイン、墨彩画と色々なジャンルの作品が出そろい200名以上の来店者があり大盛況に終わりました。

6月8日よりアトリエを開講しました!開講スケジュールを参照して下さい。

2020-06-17

6月8日よりアトリエを開講しました!開講スケジュールを参照して下さい。
当アトリエは「大阪コロナ追跡システム」を導入しており、万全の感染予防対策で皆さんの指導に当たっております。
体験ご希望の方は先ずは「申し込みフォーム」またはお電話にてお問合せ下さい。

やっと開講しました!

2020-06-10

8日月曜日よりアトリエをようやく開講する事が出来ました。

新型コロナウイルス感染予防の為に3月から5月末まで市の自粛要請があり、アトリエとして使用している集合施設の使用ができなかったのです。

本当に長い3か月でした!

毎日引きこもりで時間を持て余し、かと言って絵を描く気にもならずTVのニュースをみてはため息ばかりの日々でしたが、、、

「アトリエの生徒さん達の為に何か出来ることはないだろうか?」 子供達は学校にも行けず公園で友達と遊ぶ事もままならない・・・ で、思いついたのが子供達全員にスケッチブックを送り、課題を出して絵を描いて貰い、送ってもらった写メを添削してまた送り直し、完成した作品の写メを送って貰い評価する。要は絵の通信教育!勿論ボランティア。

80冊のスケッチブックの配送は結構!手間でしたが喜んでくれると信じて・・・。

結果、4月から先月末までに100枚以上の絵が送られて来ました。

大人の生徒さんも参加されたので水彩画、色鉛筆画、鉛筆デッサンと多彩な作品の数々!! この試みはどうやら歓迎されたようで、私も添削が楽しい日々の日課となりました。

更に「母の日」の前には「母の日カードキット」をこれはアシスタント先生にも手伝って貰いこれも子供達全員に発送! お母さま達から喜びのメッセージを沢山いただきました。これも正解! 良かったです。

そんなこんなしている間に何とか!引きこもりの日々も終わりを告げ、8日の開講日を迎えることに。

使用許可が出るのがギリギリで市に感染者が発生し遅れた為、1週間遅れ4月末となった為バタバタと準備、まあ4月開講の予定でコロナ対策関連グッズ(消毒関係)は大量に買っていましたから、あとは人数の多い土曜日クラスの人数調整、 定員30名の半分で15名がMax!

それでもご父兄の協力もあり何とかクリア。 十分なソーシャルディスタンスと安全対策で月,火曜のレッスンは無事に終了!

3か月ぶりのアトリエの指導は本当に新鮮で何より楽しかったです。

生徒さん達も「待ってました!」という感じで戻って来て下さいました。 本当に感謝です。

まだまだこれから先は不透明ですがネガティブになっていても仕方ないし、「新しい生活様式」に慣れるしかありません。

これからもアトリエは前を向いて進んで行きます!!!

NEW※重要 新型コロナウィルス感染予防の為、3月中のアトリエは全面休講とします。

2020-03-11

NEW※重要 新型コロナウィルス感染予防の為、3月中のアトリエは全面休講とします。
アトリエのある豊中市で7日コロナウィルス感染者が出た為、市の要請により10日より開講予定でしたが全面休講となります。
よろしくお願いします。皆様方もくれぐれも注意なさって下さいませ。

尚、問い合わせ等には対応させて頂きます。

新型コロナウィルス感染予防の為、今月休校します!

2020-03-10

皆さん、毎日コロナウィルス感染者が世界中増え続け、先が見えない不透明な状況ですね。

アトリエえのぐばこも市の施設で開講していますので同市で7日感染者が発生した事を受けて本日より開講予定でありましたが、自粛となり今月一杯は休講となりました。

症状が出て感染しているかもしれないのに、職場や他の色々な場所に出かけて菌をまき散らす行為は許せませんね。「ウィルスを巻き散らかしてやる!」などと公言する輩も出てきたり、、もう信じられないですよね。

かたや、県会議員が品不足のマスクを高額でオークションに出品して責任も取らず、、、恥を知れ!です。

自粛、自粛でいい加減ウンザリ、もう不安が増幅するようなニュース見るのも嫌になってきましたが、、。 まあ我慢ですね。

こんな時こそ国民が一体となって出来る事をするしかありません。「自分の身は自分で守る」。

私も30年振りに「無職」となりました。予防対策の為アルコール除菌剤など沢山購入していたのですが、、

絵画教室を楽しみにしていた生徒さん達、また体験を申し込みされていた皆様には本当に申し訳ないのですが、今しばらくお待ち下さい。

事態が1日でも早く収束しますように!!(祈り)

皆様におかれましてはくれぐれも予防に努めて下さいませ。

子供さんと一緒に学べる「親子コース」も有ります!

2019-01-25

子供さんと一緒に学べる「親子コース」も有ります!
子供さんと同じ時間帯にお母さま、お父様も学べます。

一般コースの課題(鉛筆デッサン、水彩、油絵、、)ご希望をお聞きして課題を決めます。
絵という共通のものに取り組む、一緒に学べる楽しさはまた格別かと思います。

初心者の方も大歓迎です。レッスン料は「親子割」となりお得です。詳しくはご相談下さい。

「2018年第19回アトリエえのぐばこ絵画展」!

2019-01-18

昨年12月に開催したアトリエ開講以来最多78名参加の展覧会です。
3歳~80歳までの生徒さん達の力作、水彩、油彩、デザイン、水墨、デッサン、多彩な作品の数々です。

明けましておめでとうございます。

2019-01-17

いよいよ、平成最後の2019年を迎えます。

昨年を振り返ると地震や台風と自然災害のオンパレードで本当にあっという間に過ぎてしまったような気がします。

そんな中でもアトリエは入会者が相次ぎ開講以来最多の100名突破!!嬉しい事もありました。

しかしながら、100名が限界だということも分かりました。 一人一人の生徒さんを大事に!アトリエのモットーは「生徒さんに合わせた個別指導」ですから。 2000年にしてからずっと大切にして参りました。その為に人数の多い土曜クラスは講師3名、月曜は2名で指導に当たっています。

2019年もこの方針でスタッフ一同力を合わせて皆様に満足して頂ける指導をして参ります。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

2018-08-08

毎日、本当に暑いですね!!

久し振りの投稿です。

北大阪地震から一月と少しですかね。今、思い出しても怖すぎる!

私の住まいは震源地に近くしかも14階建の細長いマンションの7階でしたのでめちゃくちゃに横揺れして物凄く怖かったです。

これで被災は「阪神淡路大震災」に続き2回目です。(なんでまた!!)

あの時は「地震」を経験したのは初めてで、それまで生きて来て最高の怖さでした。家の中はあらゆるものが倒れてぐちゃぐちゃ食器も散乱、旧式ボイラーも傾きリビング水浸し、玄関は空かない、お隣さんのベランダから地上に降りて、、、、携帯も無かったからマンションの1階の公衆電話から親に無事を連絡。

断水、毎日頻繁に続く余震に家族3名、服を着たまんま枕元にスニーカーを置いて眠れぬ夜を何日も何日も過ごしました。同じマンションには亡くなった方もおられ、直ぐ近くには半壊、崩落、果ては全壊の家屋も多数。本当に怖かった!

ただ古いけどどっしりとした丈夫なマンションだったのでしかも3階でしたから、更に家族3名が一緒であった事は本当に不幸中の幸いでした。

今回は夫単身赴任、娘一人暮らしでたった一人だったことで恐怖が前回より倍増。またもやぐちゃぐちゃになった部屋の中で茫然自失。娘が駆けつけてくれて2人で片づけに10時間。特に食器などの割れ物が多く、、本棚も倒れて、まあとにかく大変でした。何とか片付いたもののエレベーターが壊れ、結局復旧工事は10日後!!これには参りました。7階まで毎日階段昇降数回、筋トレ(泣)。

有り難かったのは一旦ケージが壊れて外に飛んで行った小鳥を発見できた事。私の呼ぶ声に反応して啼いてくれたのです。これは奇跡ですよ!

そんなこんなで次回は「南海トラフ」ではどうなることか?

地球が怒っている。神様も。世界中で相次ぐ異常気象!大自然の猛威の前では人間は実に非力です。自然破壊の限りを尽くした結果がこれです。太古の人々は自然を敬い、「共存」していく術を知っていました。今はどうでしょう?英知の限りを尽くしても「地震」の予想も出来ない。

地震、洪水、火事、猛暑、今私達に出来るのは「互いに助け合う事!支え合うこと!!」そして備えること、で祈ることでしょうか??